【通り魔】川崎市登戸殺傷事件の詳細と犯人の正体 2019年5月28日

2019年5月28日朝、川崎市多摩区登戸新町の路上で、通行人やスクールバスを待っていた小学生らが男に刃物で襲われる事件がありました。子供を見送りに来ていた男性(39)と小学6年生の女児が亡くなり、17人が重軽傷を負いました。
犯人の男は自分の首を切り、死亡が確認されました。

川崎市登戸殺傷事件の詳細

2019年5月28日午前7時45分ごろ、川崎市多摩区登戸新町の路上で、刃物を持った男が通行人らを刺し、スクールバスを待っていた小学生らを次々に襲った。
男は、スクールバスの運転手が「何をやってるんだ」と声をかけると逃げ出し、登戸駅の方向に数十メートルほど移動した場所で自分の首を切った。

この事件で、小学6年生の女児と、子供を見送りに来ていた外務省職員の男性(39)が搬送先の病院で死亡が確認された。
また、保護者の女性(45)と女児2人が重傷を負った。負傷者はこの3人を含む17人で、11人が入院した。

襲われた小学生らは、川崎市多摩区中野島にある「カリタス小学校」の児童。

容疑者

容疑者は、川崎市麻生区に住む岩崎隆一(51)。
岩崎容疑者は、おじおばの家に住み、長期間働いておらず、引きこもりぎみだったという。

犯人の足取り

午前7時ごろ、読売ランド前駅で小田急線に乗車。

登戸駅で下車。

コンビニ(ファミリーマート登戸新町店)の前で、刃渡り約30㎝の柳刃包丁を両手に持ち、
男性(39)と女性(45)を走りながら襲撃。
男性は死亡、女性は重傷を負った。

スクールバスに乗ろうとしていたカリタス小学校の児童を襲撃。
女児1人が死亡、16人が重軽傷を負った。

スクールバスの運転手が「何やってるんだ」と怒鳴り、逃亡。

登戸駅方面に数十メートル移動した場所で自頸。

聖マリアンナ医科大学病院に搬送されたが、死亡が確認された。

容疑者が自頸した後、警察が身柄を確保したが、会話もできない状態だった。
容疑者が持っていたリュックサックの中から、さらに包丁2本が見つかった。

犯人の生活状況

  • 仕事はしていなかった。10年以上引きこもり状態。
  • おじ・おばの家で暮らしていた。
  • おじ・おばのほか、従兄・従姉とも暮らしていたこともある。
  • おじ・おばとは、ほとんどコミュニケーションは取っていなかった。
  • おじ・おばとは、顔を合わせないように生活していた。
  • 食事などは自分で用意していた。

家宅捜索

神奈川県警捜査本部は、29日に容疑者の自宅を家宅捜索した。
包丁の空き箱4個、ノート1冊など数十点を押収。
また、パソコンやスマートフォンなどの通信機器は見つからず、所持していなかったものとみられる。