東池袋 高齢ドライバー暴走事故の一部始終 2019年4月19日

2019年4月19日正午過ぎ、東京都豊島区東池袋の都道で、87歳の男性が運転する乗用車が暴走し、多くの歩行者をはねる事故がありました。
2人が死亡、運転手を含む8人が重軽傷を負いました。

事故の一部始終をまとめてみました。

スポンサーリンク

東池袋暴走事故の詳細

事故の発生

2019年4月19日午後0時25分ごろ、東京都豊島区東池袋4丁目の都道で、87歳の男性が運転する乗用車が暴走した。
事故の状況は以下の通り。

事故の状況

乗用車が車道と歩道を隔てるガードレールに接触。

暴走。

約70m先の横断歩道に突っ込み、自転車の男性をはねる。

さらに数十mほど暴走。

娘を乗せて自転車で横断歩道を渡っていた女性をはねる。

交差点で進入してきたゴミ収集車に衝突。乗用車は回転し歩行者数人を巻き込む。

対向車線で信号待ちしていたトラックに突っ込み停車した。

信号はすべて「赤」だったといい、ブレーキを踏んだ形跡もなかった。

横断歩道を自転車で渡っていた女性(31)と娘(3)が心肺停止の状態で病院に搬送されたが、死亡した。
また、運転手(87)とその妻(80代)を含む、40~80代の男女8人が、けがをし病院に搬送された。

事故の原因

乗用車を運転していた男性(87)は、「アクセルが戻らなくなった」と話しているという。
警視庁交通捜査課は、男性の回復を待って、さらに詳しい状況を聴取する見通し。

乗用車のドライブレコーダーには事故直前の車内の音声が残されていて、「危ない」「どうしたんだろう」などの会話が録音されていたという。

運転手の男性には持病などは確認されていない。
男性の近所の人によると、「(男性は)足を引きずり、杖を使っていた」という。

歩行者が撮影した事故の状況


高齢ドライバーによる暴走事故は、いつもやるせない気持ちになります。
事故を起こしたのは、自分の両親と同じくらいの年齢の人で、被害にあったのは若い母娘。
当事者だけでなく、被害者や加害者の関係者も、重いものを抱えて今後過ごさなければならないと思うと、気持ちの置き場所に困ります。

日本国憲法第22条の「職業選択の自由」に反することから、国が運転免許を強制的に取り上げるということは不可能ですが、高齢者が運転免許を返上しやすくなるような環境作りも大切なんでしょうね。時間がかかりそうですが・・・
高齢者のドライバーが運転していたのが「プリウス」だということで、ネットでは「またか」という反応も多く見受けられます。
「高齢ドライバー+プリウス」でなぜ事故が多発するのかわかりませんが、何らかの因果関係があるのなら早急に解明していただきたい。