パリのノートルダム大聖堂火災の一部始終 2019年4月15日

2019年4月15日夕(日本時間16日未明)、パリにあるノートルダム大聖堂で大規模な火災が発生し、尖塔や周辺の屋根など一部が焼失しました。

スポンサーリンク

ノートルダム大聖堂火災の一部始終

出火

2019年4月15日午後6時50分(日本時間16日午前1時50分)ごろ、火災が発生した。
火の手は主に聖堂の上部にあり、聖堂の屋根や木造の内装、ステンドグラスなどが焼失。尖塔が崩壊した。
火災により消防士1名が軽傷を負った。

鎮火

ノートルダム大聖堂の火災は、発生から約9時間後の16日未明には、ほぼ消し止められた。
屋根は3分の2が焼失、ヴォールト(アーチ状の天井)は一部が崩壊、尖塔はすべて崩壊した。
正面(ファサード)側の双塔は消失を免れた。
約400人の消防隊員が消火活動にあたった。

出火原因

当時、ノートルダム大聖堂では改修工事が行われており、報道では工事が出火の原因と指摘している。

世界の反応

マクロン大統領(フランス)

フランスのエマニュエル・マクロン大統領はテレビ演説で「大聖堂を5年以内に、これまで以上に美しく再建させる」との意向を示した。

再建には数億ユーロ(数百億円)かかるとみられ、マクロン大統領は国民に寄付を呼び掛けた。
これに対し、企業のトップや自治体などが巨額の寄付を申し出ている。

ローマ法王(バチカン)

バチカンのフランシスコ・ローマ法王は、ノートルダム大聖堂の大司教に宛てたメッセージを発表した。

大聖堂はフランス人の心にある国民的象徴であり、建築界の宝石であり、街の信仰の証しだ。あなたがたの悲しみに寄り添い、再建できることを願う。

トランプ大統領(アメリカ合衆国)

パリのノートルダム大聖堂の火災は見るに堪えないくらい恐ろしい。空中消火機を使えば消せるだろう。すぐやるべきだ!

安倍総理大臣(日本)

日本の安倍晋三内閣総理大臣は、フランスのマクロン大統領宛のお見舞メッセージを発表した。

パリの象徴であり、ユネスコの世界遺産として世界中に愛されているノートルダム大聖堂が炎に包まれるのを見て、大変な衝撃を受け、深く心を痛めています。

ここに、日本政府と日本国民を代表して、フランス国民の皆様に心からお見舞いを申し上げます。この大いなる喪失に際し、すべての日本国民はフランスと共にあります。

https://www.kantei.go.jp/jp/98_abe/discourse/20190416message.html

アズレ事務局長(ユネスコ)

ユネスコのオードレ・アズレ事務局長はTwitterで声明を発表。

1991年に世界文化遺産に登録された大聖堂でこれほど激しい火災が起きたことは遺憾です。ユネスコとして事態を注視するとともに、貴重な遺産を保護し復元するためフランスを支援する準備があります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

行ってはいけない世界遺産 [ 花霞和彦 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2019/4/19時点)