日本人2人がカンボジアで強盗殺人 2019年3月17日

2019年3月17日、カンボジア北西部のシエムレアプで、日本人2人がタクシー運転手を切りつけ車を奪ったとして、現地警察に逮捕されました。

事件概要

2019年3月17日、カンボジア北西部のシエムレアプで、日本人2人が乗っていたタクシーを停止させた際、運転手(40)の首をナイフで切りつけ、路上に落として放置した。
日本人2人はタクシーを奪って、現場から逃走したが、300m程走ったところで事故を起こし、警察官に身柄を拘束された。
タクシー運転手はその後死亡が確認された。

逮捕されたのは石田礼門(23)、中茎竜二(23)の2人。
2人は16日にタイ国境のポイペトからカンボジアに入国した。
容疑者の1人は、「日本で借金があり、奪った車で強盗をするか、売って金にするつもりだった」と話しているという。

【報ステ】カンボジアで強盗殺人 日本人2人逮捕(19/03/18)