【テロ】ニュージーランド モスク銃乱射事件 2019年3月15日 まとめ

2019年3月15日、ニュージーランドのクライストチャーチで起きた銃乱射事件について、まとめてみました。

クライストチャーチにある2か所のイスラム教礼拝堂(モスク)が狙われたテロ事件です。
この事件で、49人が死亡(後に50人)、50人以上が負傷したということです。

ニュージーランド銃乱射 事件概要

2019年3月15日、ニュージーランド南島のクライストチャーチにある2か所のイスラム教礼拝堂(モスク)が何者かに襲撃され、銃を乱射した。襲撃されたのはクライストチャーチ中心部にある「アルノール・モスク」と「リンウッド・モスク」。モスクでは「金曜礼拝」の最中で多くのイスラム教徒が集まっており、2か所のモスク合わせて49人が死亡した。
警察は男女4人を拘束(このうち3人は無関係だとわかり、現地警察は単独犯による犯行と発表した)、オーストラリア国籍の男(28歳)を殺人の容疑で訴追した。

犯人らは大量の銃器を持ち込み、犯行におよんだようで、犯行に使われた車からは手製の爆弾も見つかっている。

容疑者は13時40分(日本時間9時40分)ごろ、アルノール・モスクを襲撃。その後、5㎞程離れたリンウッド・モスクを襲撃した。犠牲者のほとんどはアルノール・モスクで殺害されている。
容疑者はさらなる襲撃を目論んでいたが、2人の警察官に拘束された。

劇場型テロ? 犯人は事件の様子を生中継

実行犯の男1人は、自身に取り付けたとみられるカメラでモスク襲撃の様子を撮影しており、その動画はフェイスブック上で17分間にわたり生中継されていた。
中継されたとされる動画には、武装した男が、自身に小型カメラを取り付け、車を降りてモスクに向かっている様子から始まっている。その後、動画ではモスク内の人々を銃撃している一部始終も映っているという。

動画は【閲覧注意】

2011年のノルウェー銃乱射事件に影響?

訴追された28歳の男は、自身を「ブレントン・タラント」を名乗り、反移民などを訴える73ページの声明をインターネット上に残している。
声明によると、2011年7月22日にノルウェーで77人が殺害された銃乱射事件の実行犯から大きな刺激を受けたと記してる。
ノルウェーの銃乱射事件の実行犯アンネシュ・ブレイビクは、極右のキリスト教原理主義者で、白人至上主義者であるとも言われている。

NZ銃乱射事件 ノルウェー連続テロ影響か(19/03/16)