【月9ドラマ】『ラジエーションハウス』視聴ガイド あらすじやキャストを深掘り

2019年4月8日にスタートするフジテレビの月9ドラマラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』。
グランドジャンプで連載されている漫画「ラジエーションハウス」のドラマ化です。
主演に窪田正孝さん、ヒロインには本田翼さんが決まっていますが、他にどんな俳優さんが出演するのか気になりますね。
新月9ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』がどんなドラマになるのか、調べてまとめてみました。

スポンサーリンク

ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』とは

『ラジエーションハウス』の原作は?

2019年4月からの月9ドラマ『ラジエーションハウス』の原作は、「グランドジャンプ」で2015年22号から連載されている、横幕智裕さん原作、モリタイシさん作画の同名漫画です。
医療の現場を舞台にした漫画なのですが、一般にはあまり知られていない放射線科で働く放射線技師や放射線科医たちの物語です。
“縁の下の力持ち”的な仕事ですが、現代医療では重要な役割を果たす「放射線科」(ラジエーションハウス)。
なかなか興味深い作品ですよね。

『ラジエーションハウス』のあらすじ

レントゲンやCTなど高度な技術を要する医療機器を操作し、わずかな病変を写し出す診療放射線技師。
五十嵐唯織(窪田正孝)は、医師免許を取得し放射線科医の資格をながらも診療放射線技師として働く。
型破りの放射線技師の唯織は、優れた読影技術を持ち、数々の患者の病気や怪我の真相を探り当てるのだが、コミュ障ぎみで他人の気持ちが理解できないのが難点。

唯織は、放射線科医となった幼なじみで憧れの女性・甘春杏(本田翼)を支えるため、甘春総合病院で放射線技師として勤める。
本来、診療放射線技師はレントゲンやCTなどの医療機器を駆使して体の中を撮影するのが仕事。
映像を読影し、病気の原因を見つけ出し、主治医に伝えるのが放射線科医の役割。
そんなかたくなな考えを持つ杏は、次々と病気や怪我の原因を探り当てる唯織との関係が険悪になっていくのだが、そんな彼女は唯織がかつての幼なじみであることに気づいていない。

ドラマ『ラジエーションハウス』のキャストは?

甘春総合病院

放射線科

五十嵐唯織(窪田正孝)
診療放射線技師。
撮影した映像からどんな病気か探り当てる読影技術やセンスがズバ抜けているが、コミュ障ぎみで他人が何を考えているかを読み取るのが苦手。

甘春杏(本田翼)
放射線科医。前院長の娘。

広瀬裕乃(広瀬アリス)
新人診療放射線技師。
放射線科の面々の優秀さに少々戸惑いながらも、懸命に仕事をこなす。
唯織に想いを寄せる・・・?

小野寺俊夫(遠藤憲一)
診療放射線技師長。
適当でマイペースに見えるが、信念はしっかりしている。部下思いで、熱い部分もある。
放射線技師としての技術はピカイチで、唯織の才能にもいち早く気付く。

黒羽たまき(山口紗弥加)
診療放射線技師。独身。
毒舌でドSな性格。放射線技師の連中を裏で牛耳っている。

鏑木安富(浅野和之)
放射線科長兼診療部長。
野心家で出世欲がある。院長の座を狙っている。患者の利益を無視してでも、出世のため放射線科の点数稼ぎを優先する節がある。

軒下五郎(浜野謙太)
甘春総合病院診療放射線技師。

威能圭(丸山智己)
甘春総合病院診療放射線技師。

悠木倫(矢野聖人)
甘春総合病院診療放射線技師。

甘春総合病院

大森渚(和久井映見)
甘春総合病院院長。
病院で働く人を暖かく見守る母のような存在。

辻村駿太郎(鈴木伸之)
整形外科医。
イケメンで、女性受けがいい。甘春杏(本田翼)に気があり、様々なアプローチを仕掛ける。


今のところ発表されているキャストは以上の通りです。今後発表され次第追記していきたいと思います。