小倉優子離婚 原因は夫の不倫だけ? 慰謝料・養育費・親権は・・

スポンサードリンク

タレントの小倉優子さん(33)が、2017年3月3日に夫の菊地勲氏と離婚しました。

タレント、小倉優子(33)が、不倫騒動を起こした夫でカリスマ美容師、菊地勲氏(46)と3日に離婚したことが5日、分かった。

と、各メディアが報じています。

元はといえば、2016年8月に夫の菊池勲さんの不倫が報道され、世間を騒がせていましたが、
あれから7か月。夫婦関係を修復する気があったのか、なかったのか。
結局、”離婚”という結果に落ち着きました。

小倉優子 離婚への経緯

原因は夫の不倫騒動?

小倉優子さんの夫・菊池勲さんの不倫が報道されたのは、2016年8月3日に週刊文春によってでした。
いわゆる「文春砲」というやつですね。

相手は、小倉優子さんの事務所「プラチナム・プロダクション」に所属していた馬越幸子さん(26)。
「ユルリラポ」というガールズユニットのメンバーでした。
菊池さんと馬越さんは、2016年3月ごろに出会い、密会を重ねていったようです。
馬越幸子さんが事務所から即解雇されたことは、記憶に新しいことです。

一方、小倉さんは6月16日に第2子の妊娠を公表したばかりで、お腹には赤ちゃんが。。。

小倉さんは身重にもかかわらず、長男を連れて家を飛び出し、その後、一度も自宅へは戻っていないそうです。

11月18日に無事に出産。男の子でした。

夫の”裏切り”による代償は大きかったようで、
二人は弁護士を立てずに話し合い、離婚に至ったということから、
小倉さんも、当初から離婚を決意していたんじゃないかと推測できます。

慰謝料はゼロ・養育費は”夫次第”

所属事務所によると、3日に関係者が都内の区役所に離婚届を提出。4歳と0歳の2男の親権は小倉が持つ。弁護士を立てずに本人同士の話し合いで円満に離婚に合意し、慰謝料はない。養育費については取り決めはしておらず、関係者によると「菊池氏が父親としてできる限りのことをしていく」という。

スポニチアネックス 2017年3月6日

一時は慰謝料”7000万円”とか言われていたようで、

なんだか、憶測だけが一人歩きしてしまい
全く事実にない事が報道され、私自身本当にびっくりしています

小倉優子オフィシャルブログ”Yuko’s Happy Life” ☆髪をカット☆より

と、暗に否定していました。
蓋開けてみると、慰謝料は”なし”ということでした。

小倉優子さんは、3月から芸能活動に復帰したらしいですが、

慰謝料うんぬんで離婚を長引かせるよりも、
さっさと離婚して芸能界復帰したほうがメリットがある、
ということも心のどこかにあったんじゃないかと思います。

ああ見えて、”ゆうこりん”したたかですからね。

二人のお子さんの親権は小倉優子さんが持ち、養育費は取り決めなし、ということです。

”元夫”の菊池勲さんが「父親としてできる限りのことをしていく」ということですが、
普段の生活費とかいらないから、進学とか、病気になったらとか、
いざとなったら、学費とか、医療費とか、ちゃんと出してくれ。
ということですかね。

以前にも離婚危機があった?

実は、小倉優子さんは以前にも離婚が噂されたことがあったようです。
長男を出産した後で、夫の菊池勲さんが子育てに無関心だったと言われています。

元々こういう旦那だから、慰謝料・養育費ふっかけて、離婚問題をこじらせてしまえば、
裁判所で夫に親権まで取られて、という最悪の事態も。。。

まあ、そこまで考えたかどうかは別にして、
本能的に子供を守りたいという気持ちはあったのかもしれませんね。

小倉優子 離婚 ネットの反応

おおむね、小倉優子さんを擁護する声が多いようです。


個人的に、小倉優子さんの将来は明るいんじゃないかと思います。
小倉さんの方には、一切落ち度はないし、バラエティ適正は抜群だし、ママタレントとしても問題なさそうだし。
”バツイチ”とか”シングルマザー”の肩書が加わって、仕事の幅も増えるんじゃないかと思いますね。

スポンサードリンク
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


Menu

HOME

TOP