ベッキーさん 巨人・片岡治大コーチと結婚

2019年2月13日、タレントのベッキーさんが、読売ジャイアンツの片岡治大コーチと結婚したことを自身のTwitterで公表しました。

ベッキーさんは、昨年6月に片岡コーチとの交際が報道され、その後順調に交際が続いていました。

片岡治大コーチはどんな人?

片岡治大さんは、読売ジャイアンツの二軍内野守備走塁コーチです。
片岡さんがコーチに就任したのは、昨年11月の秋季キャンプからです。

片岡治大さんは、3人兄弟の末っ子として生まれ、2人の兄も野球をやっていました。
中学卒業後は、2人の兄と同じ宇都宮学園高校(現・文星芸術大学附属高校)に進学。
高校3年の時に夏の甲子園に出場しています。(2回戦で敗退)

高校卒業後は東京ガスに入社し、社会人野球の選手となりますが、2004年のドラフト会議で西武ライオンズから指名を受けます。

西武ライオンズでは初年度から一軍に定着し、二塁手や遊撃手として出場していました。
2009年にはWBC日本代表にも選出され、監督だった原辰徳さんからは「足」の速さを見込まれて選ばれたということで、実際に期待通りの活躍を見せています。

2013年6月に国内FA権を取得すると、そのシーズン終了後に「FA宣言」し、読売ジャイアンツへの移籍を発表しました。

しかし、片岡治大選手は怪我や故障も多く、二軍落ちも経験するようになりました。

そして、2017年9月に現役引退を発表

選手時代は、2007年から2010年まで4年連続で「盗塁王」、2008年には「最多安打」のタイトルを獲得しています。