愛媛県今治市 高齢者が狙われた二つの事件 2017年4月~5月

スポンサードリンク

愛媛県今治市で、高齢者が狙われる殺傷事件が、2件ありました。
二つの事件現場は、400メートル程しか離れていません。何らかの関連があるのでしょうか?

以下、両方の事件について、情報を整理してみました。

第1の事件

2017年4月26日午後、愛媛県今治市別宮町の住宅で、住人の越智サツキさん(81)が腹部を刺され死亡しているのが見つかった。

26日午後1時10分ごろ、越智サツキさんが1階の居間で、腹部から血を流して倒れているのを訪れた介護ヘルパーが発見し、119番通報した。
消防から連絡を受けた今治署員が駆けつけたところ、越智さんは既に死亡していた。
越智さんの腹部には長さ数センチの刺し傷があった。
部屋に荒らされたような痕跡はなかった。

第2の事件

2017年5月3日午前、愛媛県今治市室屋町の市営住宅で、岡本久行さん(70)宅に女が押し入り、岡本さんと母親のユキヱさん(92)を刃物のようなもので切りつけた。

ユキヱさんが胸を刺され、搬送先の病院で死亡した。死因は出血性ショックとみられる。
久行さんも背中に重傷を負った。

3日午前9時ごろ、市営団地で、「背中を切られた人がいる」と110番があった。
駆け付けた愛媛県警今治署の署員が、市営住宅の玄関前で久行さんを、室内でユキヱさんを、見つけた。
久行さんは「見知らぬ中年女性にやられた。女は逃げた」と話しているという。

室内からは、凶器に使われたとみられる血の付いた刃物が見つかった。

久行さんは、室内で女に切られた後、外に出て、市営住宅のそばを通りかかった男性に110番通報を依頼したという。
その後、室内に戻ろうとして玄関で倒れたとみられる。

女は中年とみられる。
県警が、水色の上着とスカートを着用し、タオルを持った50~70代ぐらいの小柄な女を探しているとの情報もある。

愛媛県警は3日、両事件を殺人事件として、今治署に捜査本部を設置した。

任意聴取していた女性が自殺

今治市室屋町の親子殺傷事件で、愛媛県警捜査本部は、近くに住む30代の女性に任意で事情聴取していたが、この女性が5日、自殺した。

県警は、近隣の聞き込み捜査や付近の防犯カメラの映像を分析した結果、現場から約600メートル南側のマンションに住む女性が浮上したという。
県警は4日、この女性の自宅を家宅捜索し、持ち物などを押収。参考人として任意で事情聴取していた。

同日午後1時半ごろから、今治署で、殺人容疑などで女性の聴取を開始。この日は午後10時半ごろに、事情聴取は終了し、午後11時ごろ家族の元に帰した。
翌5日に引き続き聴取するため、捜査員が午前9時ごろ、今治市内にある女性の関係先まで迎えに行ったところ、女性が室内で死亡しているのを、家族が見つけた。
遺体のそばには遺書があったが、県警は内容を明かしていない。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


Menu

HOME

TOP