ゴーン氏退任!日産新社長・西川廣人氏はどんな人?経歴・学歴は

スポンサードリンク

日産自動車は2017年2月23日、カルロス・ゴーン氏が社長兼最高経営責任者(CEO)を退き、4月1日付で代表取締役副会長兼共同CEO(最高経営責任者)の西川廣人(さいかわ ひろと)氏を後任とする人事を発表しました。

日産自動車新社長の西川廣人氏がどんな人物なのか調べてみました。

西川廣人氏の学歴

西川廣人(さいかわ ひろと)氏は、1953年11月14日生まれ。63歳。
1977年3月、東京大学経済学部経済学科卒業科。
出身高校はちょっとわかりませんでした。

西川廣人氏の経歴

西川廣人氏は1977年4月に日産自動車に入社。
1999年には欧州日産へ。
2000年4月、日産自動車購買企画部次長。10月には部長に昇進。
2001年、ルノーニッサンパーチェシングオーガニゼーション、エグゼクティブ・ゼネラル・マネジャー。
2003年、日産自動車 常務執行役員。
2005年4月、副社長。6月の株主総会では取締役に。
2011年6月、代表取締役、副社長。
2013年4月、チーフ コンペティティブ オフィサーを兼任。
2014年1月、研究・開発、生産、SCM、購買、TCSX(トータル カスタマー サティスファクション ファンクション)、ソーシング ステアリング コミッティ、TdC競争力強化推進 担当も兼任。
2014年4月、代表取締役、CCO。
2015年6月、代表取締役、CCO、副会長
2016年11月、代表取締役、共同最高経営責任者、副会長。

日産社長を退任したカルロス・ゴーン氏は?

カルロス・ゴーン氏は、日産社長退任後は、ルノー・日産アライアンスの会長兼CEOに専念するようです。
日産自動車では引き続き代表権のある取締役会長を務め、2017年6月の定時株主総会が終了すると、取締役の任期満了となりますが、株主総会で再任されるでしょう。ルノー・日産・三菱の3社で会長を務めます。

ゴーン氏の経歴

バブル崩壊の影響で経営危機に陥た日産自動車は1999年、フランスのルノーと資本提携。ルノーの傘下に入ることが決まりました。
その時ルノーが日産に送り込んだのが、カルロス・ゴーン氏。

ゴーン氏は、1978年にミシュランに入社。1985年にはミシュランの南米事業の最高執行責任者(COO)に就き、1990年35歳の時には北米事業部の社長兼最高経営責任者(CEO)に就任していました。
1996年、当時ルノー会長だったルイ・シュバイツァー氏が直接ヘッドハンティングして、上席副社長としてルノーに入社しました。

そして、最高執行責任者(COO)として経営再建中の日産自動車に入社。ゴーン氏は当時45歳。ルノーでの地位はそのままでした。
2000年、日産取締役に就任。
2001年、日産最高経営責任者(CEO)に就任。
2005年、ルノーの取締役会長兼CEOに就任。
2013年、アフトヴァース(AvtoVAZ=ロシアの自動車メーカー)会長に就任。
2016年、ルノー・日産アライアンスに加わった三菱自動車の取締役会長に就任。

スポンサードリンク
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


Menu

HOME

TOP